新型コロナウイルス感染に関する状況は、日々変化があり、安心するにはまだ時間がかかりそうです。
治療薬・ワクチン開発が待たれます。
しかしながら、3月から延期・中止の続くイベント業界、このまま手を拱いているわけにはいきません。
なんとか、「できないことに悩む」のではなく、「どうすればできるか」を考えたい。
各団体が、様々な感染拡大リスクの軽減のためのガイドラインを策定し始めました。
現段階のものなので、状況によっては変更・追加・改善されていくものですが、一つの指標としてそのガイドラインは、参考になるように思います。
イベントを延期・中止するのではなく、どうすれば開催することができるかの指針となるはずです。
また、一方では、オンラインを活用したプロモーションイベントへの模索が始まっています。
リアルイベントと同じようにはできませんが、
顧客へのアプローチ、顧客管理、課金方法、出欠管理など、オンラインならではのシステムを構築することで、
リアルイベントではできなかった方法を考えています。
経済が停滞した数ヶ月だからこそ、「新しい試み」ができるとも言えます。
参考までに、大阪観光局  MICE開催ガイドラインです。
しかし、ガイドライン通りにできるんやろか・・・・・・って正直考え込んでしまいます。

Comments are closed.

Post Navigation