4年に一度の食の祭典。いよいよ、4月26日から、11日間開催されます。

http://www.shokuhaku.gr.jp/index.html

前回、前々回も携わらせていただきました。

インテックス大阪全館を使ってのイベントは最近ではなかなかありませんが、このイベントは1985年から4年に1度、実に今回8回目となります。

詳細は、また追ってお報告させていただきますが、是非今年のゴールデンウィークは食博覧会へお越しください。

1990年は、ある意味、私のイベント業界での最初のエポックメイキングな年になりました。世間では、まだバブルが弾けるとは、考えにくい頃、大阪で1970年以来の国際博覧会が開催されました。

Wikipediaより・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国際花と緑の博覧会(こくさいはなとみどりのはくらんかい、英:The International Garden and Greenery Exposition,Osaka,Japan,1990)は、大阪府大阪市鶴見区と守口市に跨る鶴見緑地で、183日間の会期(1990年4月1日 - 9月30日)で行われた博覧会国際事務局 (BIE) 認定の国際博覧会であり、また国際園芸家協会(AIPH)の大国際園芸博覧会でもある。会場面積は約140haで、略称は「花の万博」「EXPO’90」。「花と緑と人間生活のかかわりをとらえ 21世紀へ向けて潤いのある豊かな社会の創造をめざす」をテーマとし、日本を含む83カ国と55の国際機関、212企業・団体が参加した。総来場者数は2312万6934名で、特別博覧会史上最高を記録した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私は関西で生まれた企業40社の企業体「大輪会 水のファンタジアム」というパビリオンの催事ディレクターという立場で仕事をさせていただきました。

前年の準備から考えると2年にわたる、「大プロジェクト」でした。

その間の出来事などを、追々お話していこうと思います。

 

 

私も昨年1度コンサートを見に行きました。素敵な音色に優しくなれますね・・・・
様々な活動を積極的にされています。

奥さんのHPのメッセージから・・・・・・・

はじめまして ヴィオリスト奥幸代です♪

依頼演奏などのパーティでのミニコンサートやオーケストラなどでエキストラ出演、
DUO CONCERTの企画開催など積極的に活動させていただいています。

2011年より始めましたDUO CONCERT。色んな楽器のアーティストの方々と
色んなジャンルの曲を演奏させていただきました。
沢山の方々に出会い支えていただき、本当にありがとうございます!
今年も沢山の方々にお会いできるのを楽しみにしてます。

音楽の枠にとらわれず、色んな事にチャレンジしていきたいと思います。
どんどん頑張ってまいりますので応援よろしくお願いします。

http://www.viola-sachiyo.com/index.html

今週日曜日には、下記のコンサートが開催されます。

2013/4/14 大阪室内合奏団 Osaka String Ensemble デビューコンサート
川口基督教会 2013年4月14日(日) 16時開演

1989年1月、社会人2社目のスタートです。東京に本社がある会社でしたので、現地採用の私以外は東京本社からのスタッフです。何かと、やり方、考え方、進め方が違うので戸惑っていましたが、前社でのチャレンジング精神のおかげで、臆すること無く、こなせた気がします。

東京発の仕事は、やはり悔しいけれども全国区です。

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌と、あるペットフードメーカーのバイヤーさんへの新製品発表会で全国を回りました。仕事はもとより、各地での飲み会が楽しみで、それはそれは、遊びましたね・・・・・・札幌ラーメン食べた次の日は博多ラーメンでしたから・・・・・

その後も、鈴鹿サーキットでのF1レースでのプロモーションや、Jリーグ横浜マリノスのプロモーション、こどもクッキングコンテストなど、大阪だけではなく、全国飛び回ってた気がします。

徐々に、仕事も任せられるようになってくると、JOB(案件)を自分が制作推進していくことになっていきます。多くは、取引先としては、大手の広告代理店さんの担当と推進していきます。

クライアント(スポンサー)は主催者とも言えますし、お金を出している所とも言えます。例えば、ラーメンのメーカーさんであったり、車のメーカーさんなどですね。

広告代理店はそのスポンサーさんの製品(商品)をどのように世間に知らしめ、かつ販売促進するかを、様々な媒体を使って推進していきます。

我々は、セールスプロモーション(販売促進)活動ということになります。

媒体とは、簡単に言えば、テレビCM、ラジオCM、新聞広告、雑誌広告、インターネット広告、その他、駅ばり、屋外広告、電車の中刷りなどなど・・・・・・です。

セールスプロモーションとは、街頭キャンペーンや展示会出展、パーティ企画、講演会、シンポジウム、表彰式など、媒体以外で集客や購買促進、認知度アップ、試飲会などを行なうことです。

そんな中で、案件推進を任せられてくると、今までのやり方、立ち位置ではどうしても処理できないことがたくさん出てきます。

コスト管理、スケジュール管理、キャスティング管理です。今までは与えられていたことをこなすだけだったのが、自分自身で考え管理していかなければなりません。

ヒトが、ある瞬間に脱皮するときは、120%以上の仕事を与えられたときなんでしょう。1989年は、自分自身が大きく脱皮するタイミングの年だった気がします。

 

大学を卒業して就職した会社には、結局2年弱しか在籍しなかった。ただ、その2年間では、本当に様々な経験をさせていただいた。

「小石でも、拾い上げるとその裏に仕事なんて、どこにでも落ちてるよ・・・」当時の社長はよく私に、言ってた言葉です。仕事は選ばなければ、あるもんだ。まぁバブル時代ということもありましたが・・・・・・

というより、今は、その言葉の裏には、「やったことのない仕事でもチャレンジするんだよ」という意味に感じます。その会社は小さかったけれども、常にチャレンジングでした。ペーペーの私を運営リーダースタッフとして50日間も任せたり、その他にも映像編集の仕事や、書いたことの無い台本書きや、当時まだ一般的ではない「ワープロ」を打たせたてもらったり・・・・・・

“やったことがないから、できない”という発想は全くない社長でした。その後の、独立後の私の営業姿勢の原点かもしれません。

ただ、色んな理由の中で、退社をすることになりました。

若気の至りだったんでしょう。その時は、その後のことは全く考えてなかったくらいですから。

ただ、まだまだ、バブル時代でしたので、業界的には人材不足の時代だったんでしょう。「やめる」と聞いた先輩から、お誘いがありました。

近しい会社だと、何かと、前の会社に迷惑がかかりそうな気がしてましたが、幸いそのタイミングに東京本社のPR会社が大阪支社を開設するということだったので、それならば、ある意味新しいフィールドで働けるんじゃないか・・・・

 

折しも昭和天皇が崩御され、イベントというイベントがすべて自粛していた、1月に私にとって、社会人2社目がスタートしたのです。

 

 

FBページ技志輪人伝のカバー写真kon-garaのメンバーでもあります、中野さん。
中野さんは、
エアーブラシによるリアルイラストから、立体・オブジェ・フィギュアの原型制作、キャラクター制作、チーム体制での映像(クレイメーション)の制作
主な仕事として、博物館やイベントでの展示画や立体物、ディスプレイ、映像制作、図鑑・科学専門誌、ゲームのポスター、パッケージイラスト、CDジャケット等

をされていますが、

受賞歴をご覧頂くとわかりますが
世界的に認められているイラストレーターです。

いつかは、ご一緒したい素敵なアーティストのお一人です。

http://www5.ocn.ne.jp/~ideal-na/ind1_info/index1.html

夢工場は当時インテックス大阪1号館から5号館までを使ったイベントです。

夏休みの開催でしたし、関テレではバンバンコマーシャルしてたので、それはそれは大人気でした。


 

中でも、私が受け持っていた「はれときどきぶた」パビリオンは毎日、長蛇の列です。中に、100名(だったと思います)くらいのシアターがあり、その前後に様々な体験・体感アトラクションがありました。入場制限をしながらの誘導でしたので、運営スタッフの意気のあった対応がとても重要でした。

 

今考えてもチームワークはバツグンだった気がします。

それぞれのセクションでそれぞれの役割を十二分にこなしてくれたと、今更ながら感心します。運営スタッフはほとんどが学生さんでしたから・・・・・

そして、事件が起こったのです。もう26年も前ですから時効でしょうが・・・・・

最終日、「はれぶた」パビリオンを楽しみにして来られたお客様がいました。が、残念ながら、終了までに入場制限をせざる得ません、これは毎日のことです。イベントに終了時間があるように、こなせるタイミングの限界時間で入場をお断りせざる得ないのです。ただ、その日は「夢工場」そのものの最終日です。二度と入れないのです。

お客様も粘りましたが、我々運営スタッフとしても、断腸の思いなんですが・・・・・そこはある程度割り切らざる得ません。

そして、運営スタッフがお客さんに殴られました。大騒ぎです。私は運営リーダーとして、事務局を通して抗議をしたんですが、そのアルバイト君が「中野さん、いいですよ、お客さんの気持ちもわかるし、そして何よりもここで大騒ぎしたら、折角のはれぶたスタッフに迷惑かけますから・・・穏便に行きましょう」

対処の仕方が、本当に良かったかどうかは、議論の余地がありますが・・・・・・

その彼の言葉がすべてを現しています。

このイベントは決して一人で完遂できたものではなく、それぞれのスタッフが持ち場だけじゃなく、自分たちのパビリオンという意識で働いてくれた結果だと、今でも思います。

イベントの難しさ、楽しさ、そして素晴らしさを知った50日間でした。

今でもインテックス大阪に行くと「キュン」としてしまうのは、あの時の

彼の言葉を思い出すときです・・・・・

 

 

コミュニケーションカーニバル 夢工場’87』(コミュニケーションカーニバル ゆめこうじょうはちじゅうなな)とは、1987年7月18日から8月30日まで日本で開催されたフジサンケイグループ・フジテレビ・関西テレビ主催のイベント。東京・晴海の東京国際見本市会場と大阪・南港のインテックス大阪で行われた。(Wikipedia)

その年の夏、急遽この現場に行くようになりました。

「はれときどきぶた」という当時、「ひらけ!ポンキッキ」で歌われて人気のあった絵本をパビリオン化したものです。

実際に役者さんが、そのストーリーを演じ、空から豚が降ってくるというとてもロマンティックなシアターや映像で滝が流れるコーナーや、ボールを投げるとセンサーが反応して絵が壊れる・・・・当時の最新技術を駆使したフジサンケイグループの大イベントのハシリですね。

まぁ、急遽ということは大人の事情があってのことで、現場に入ると既にパビリオンが出来上がっていますし、キャスティングも決まっています。

コンパニオンも司会のお姉さんも、役者さんも・・・・・すべて、配役は決まってます。

決まっていないのが、運営スタッフです。ということで、私が「何でも屋」の経験から若いアルバイトくんを集めて、会場に入りました。

入ってびっくり、全体をまとめるディレクターがいない・・・・・・・・

というより、私がその役目になってしまった・・・・・・

「ちょっと待ってよ」って感じですが、サイは投げられたままです。

東京のプロデューサーとやっつけの打合せを済ませた後は、すべてを知っているかのように、振舞いながら、役者さん、司会のお姉さん、コンパニオン、運営スタッフすべてに指示を出していました。

今から考えても、よく社会人1年生の私をそんな総勢100名以上のスタッフ・演者さんのまとめ役にしたなぁ・・・と。バブルのなせる技ですね、キット。あの頃は仕事が多過ぎて断っていたくらいでしたし・・・・・・・

そして50日近いイベントが開幕したのでした。

 

 

インド・ネパール17日間放浪記には、少しまだオチがあり、結局、大阪空港に無事着いたんですが、ロストバーゲージで、荷物はどこへやら・・・・・・2週間後に自宅に帰ってきましたが。

 

まぁ、そんなことで、学生時代とケジメをつけて、さぁ〜、ということで。

就職先の会社は手ぐすねして待っていたようです。

そして目出たく、社会人初めての仕事が「アメリカンジュークボックス」という、アメリカはダラスで公演されていたミュージカルの日本公演のバックステージスタッフです。言い方はかっこいいですが、アメリカスタッフの御用聞きですね。ケビンという舞台監督のアシスタントとして、多分2週間くらいの公演だったと思いますが、ホールに通い詰めです。

リハーサルでは、聞き取れない英語が飛びかう中、必死に道具を運んだり、大道具を操作したり、小道具をスタンバイしたり・・・・・・演者さんが舞台でスムーズに演じられるように、いかに効率よく、効果的に短時間でスムーズにスタンバイをするか・・・

公演していたホールの近くにそのスポンサーさんの新しいアメリカンチックなレストランができるということの記念公演のようなものでしたので、終わっては、毎日そのレストランで飲んで踊って、、、なんたって陽気なヤンキーさんですから。そうなると、公演中もチームヤンキーで仲良く楽しく、、、、、、、、英語はわからずも、ボディランゲージでコミュニケーションは大丈夫。

本当に楽しかったなぁ・・・・社会人最初のイベントがミュージカルのバックステージスタッフ、って考えたらものすごく光栄なことでしたね。本当に、みんなイイやつらでしたし、日本のスタッフにも助けられました。

ただ、ペーペーの頃ですから、「弁当の中身がいつもと一緒」「弁当持ってくるのが遅い」「打合せで、聞いてないことはできない」「無理」「できない」「いやだ」・・・・・・・・・・テクニカルスタッフには嫌という程、いじめられました。いや訂正、いじめてたのではなく、彼ら理論でいくと育ててやってるんだ・・・ということでしょう。まぁ、ほんと、理不尽でしたよ・・・・でもそんな理不尽さの中から、プロとしての考え方、姿勢を学んだと思います。今だからわかることです。

やはり、社会人なりたてで、学生気分が抜けきってなかったんでしょう。それを見透かされてた気がします。

この2週間の現場は本当に、頭打ち、悩み、悔しく・・・でも愉しい仲間との舞台作りを体験させていただいたと、感謝しています。

 

26年前のインドですから、それはそれは、トラブルの連続です。

(というか、最近のインド事情がわかりませんが。)

 

電車・バスは時間通りの来ないのは、当たり前。指定乗車券を買っても席はなし。歩いていると「バクシーシ」って施しを求めてくる。彼らにとって、富める者から施しを受けるのは当たり前・・・

カルカッタから、電車でバラナシーへ。ヒンズー教徒の聖地ですね。ガンジス川の右岸は建物がこれでもかって建ってますが、左岸は荒れ地です。これは、左が不浄という、彼らの思想からきているんでしょう。なので、食事も右手だけ食べますし、逆に排泄には左手でナチュラルウォーターウォシュレットよろしく、って感じです。

そこで、見たものは

沐浴をしているヒト、洗濯しているヒト、歯を磨いているヒト、ただただ、祈っているヒト、そして火葬場で焼かれているヒト・・・・・・

生死がまさしくそこにありました。今もなおその光景は忘れられません。

輪廻転生・・・・・彼らはそこに、死にに来ています。そこで死ねたら本望、生まれ変わればキット違う幸せな人生が待っている・・・・

カースト制度は表向き禁止されているけれども、その当時、今もなおその制度な根強く残っている気がします。

その後、国境を超えて、ネパールのカトマンズそしてポカラへ・・・・・そのあまりにもゆったりした空間・時間に、わたしは少し、ほうけたように、日々を過ごしていました。バラナシーでのことがあまりにも衝撃的だったのかもしれません。

その後アグラーでタージマハールを見たり、ニューデリーで宙に浮く大道芸人を見たり、そして明日帰るというタイミングで、ニューデリーの街中で「中野〜」って私の名前を日本語で呼ぶ声が・・・・

「えっ・・・・・」そこには、大学時代の友人が立ってました。

日本でも、大阪でも会わないのに、なんでここなん?って感じでした。でもその出会いがなかったら、私はインドから出国できなかったんですね。

というのも、初めての海外ですから、空港税というものを払うことをすっかり失念して、ルピー貨幣はすっかり使い果たしてしまっていました。彼と出会わなかったら・・・・と思うと、少しぞっとしますね。

まぁ、何らかのトラブルはあって出国してたと思いますが、

社会人になる前の、23歳の若造がその旅旅で感じ体験、体感し、その視界で見たモノ、臭った臭い、すべてが原点になっている気がします。

学生から社会人への転機での、エポックメイキングな旅になったことは、間違いない「インド・ネパール17日間の放浪記」でした。

 

 

 

NHKみんなのうた「ふきとひよこ」
4月~5月放送 明日からスタート!

真依子が描く淡く切ない恋のファンタジー。
春めく庭と共に成長するふきが、偶然にもひよこのけなげな想いにこたえているように見える、
「ふきとひよこ」のおかしな恋をお楽しみ下さい。

「ふきとひよこ」
作詞/作曲/うた:真依子
編曲:未知瑠
キャラクター:横山宇加
アニメーション:オオニシカオリ

■ みんなのうたHP:http://www.nhk.or.jp/minna/

NHKテキスト「みんなのうた」4・5月号発売中!
「ふきとひよこ」の誕生秘話や、楽譜も掲載されています。

■ 定価:380円
■ NHKテキスト2013
https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=08459042013

「NHKみんなのうたベスト」
キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2013

キングレコードから発売のCD「NHKみんなのうたベスト」に
「ふきとひよこ」が収録されます。
「NHK みんなのうた」から生まれたヒット曲と共にお楽しみ下さい。

■ 発売日:5月8日(水)
■ 価格:2000円 KICW-5406
■ 収録予定曲:
ふきとひよこ/おしりかじり虫/山口さんちのツトム君
南の島のハメハメハ大王/コンピューターおばあちゃん
北風小僧の寒太郎/一円玉の旅がらす/メトロポリタン美術館
私と小鳥と鈴と/ありがとうさようなら  他

© NHK/横山宇加/オオニシカオリ

真依子コンサート「ふきとひよこ」

NHKみんなのうた「ふきとひよこ」を記念してライブを開催することになりました。
アレンジを担当して下さった未知瑠さんをゲストにお迎えします。
みなさま、是非お越し下さいませ。

■ 月日:5月11日(土)

■ 時間:OPEN19:00 START19:30

■ 会場:細見美術館 CAFE CUBE
〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
tel:075-751-8606
※駐車場は会場周辺のコインパーキングをご利用ください。

■ HP: 細見美術館 http://www.emuseum.or.jp/

■ 料金: 3000円(1drink付き)予約制
※席数に限りがございますのでお早めにご予約下さい。

■ チケット予約・お問い合わせ
utaca宛にお電話かメールにてお申し込み下さい。
<utaca>
Tel:075-205-2420 Mail:utaca@maiko-net.com
メールの場合は、お名前、人数、電話番号をご明記の上お申し込み下さい。

■ 主催:utaca

■ 協力:KING RECORDS ANEWAL Gallery NAYA CREATIVES

■ その他のイベント・コンサート
・4/07(日) 京都府庁旧本館「真依子コンサート」
・4/21(日) 奈良県宇陀市「千年桜コンサート」
・5/19(日) 上賀茂神社「二葉葵展コンサート」

■ 真依子プロフィール
kotoを奏でるシンガーソングライター。滋賀県出身。
自然の中で育んだ慈愛に満ちた視点から生みだされる作品は、日本の伝統楽器「箏」
を表現手段として、想像力豊かな感性で詩い描かれている。
2005年にメジャーデビューし、これまでに4枚のアルバムをリリース。
また、四季折々のロケーションにこだわり、お寺、神社、美術館などでコンサート活
動を行っている。現在、京町家のアトリエにて創作活動中。

写真: Vol.9 −2</p>
<p>箏を奏でるシンガーソングライター 真依子さん</p>
<p> NHKみんなのうた「ふきとひよこ」<br />
 4月~5月放送 明日からスタート! </p>
<p>真依子が描く淡く切ない恋のファンタジー。<br />
春めく庭と共に成長するふきが、偶然にもひよこのけなげな想いにこたえているように見える、<br />
「ふきとひよこ」のおかしな恋をお楽しみ下さい。</p>
<p>「ふきとひよこ」<br />
作詞/作曲/うた:真依子 <br />
編曲:未知瑠<br />
キャラクター:横山宇加<br />
アニメーション:オオニシカオリ</p>
<p>■ みんなのうたHP:http://www.nhk.or.jp/minna/</p>
<p> NHKテキスト「みんなのうた」4・5月号発売中!<br />
「ふきとひよこ」の誕生秘話や、楽譜も掲載されています。</p>
<p>■ 定価:380円 <br />
■ NHKテキスト2013 </p>
<p>https://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=C5010101&webCode=08459042013</p>
<p> 「NHKみんなのうたベスト」<br />
  キング・ベスト・セレクト・ライブラリー2013</p>
<p>キングレコードから発売のCD「NHKみんなのうたベスト」に<br />
「ふきとひよこ」が収録されます。<br />
「NHK みんなのうた」から生まれたヒット曲と共にお楽しみ下さい。</p>
<p>■ 発売日:5月8日(水)<br />
■ 価格:2000円 KICW-5406<br />
■ 収録予定曲:<br />
 ふきとひよこ/おしりかじり虫/山口さんちのツトム君<br />
 南の島のハメハメハ大王/コンピューターおばあちゃん<br />
 北風小僧の寒太郎/一円玉の旅がらす/メトロポリタン美術館<br />
 私と小鳥と鈴と/ありがとうさようなら  他  </p>
<p>© NHK/横山宇加/オオニシカオリ</p>
<p> 真依子コンサート「ふきとひよこ」</p>
<p>NHKみんなのうた「ふきとひよこ」を記念してライブを開催することになりました。<br />
アレンジを担当して下さった未知瑠さんをゲストにお迎えします。<br />
みなさま、是非お越し下さいませ。</p>
<p>■ 月日:5月11日(土)</p>
<p>■ 時間:OPEN19:00 START19:30</p>
<p>■ 会場:細見美術館 CAFE CUBE<br />
       〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3<br />
    tel:075-751-8606<br />
    ※駐車場は会場周辺のコインパーキングをご利用ください。</p>
<p>■ HP: 細見美術館 http://www.emuseum.or.jp/</p>
<p>■ 料金: 3000円(1drink付き)予約制<br />
 ※席数に限りがございますのでお早めにご予約下さい。</p>
<p>■ チケット予約・お問い合わせ<br />
utaca宛にお電話かメールにてお申し込み下さい。<br />
<utaca><br />
Tel:075-205-2420 Mail:utaca@maiko-net.com<br />
メールの場合は、お名前、人数、電話番号をご明記の上お申し込み下さい。</p>
<p>■ 主催:utaca</p>
<p>■ 協力:KING RECORDS ANEWAL Gallery NAYA CREATIVES</p>
<p>■ その他のイベント・コンサート<br />
・4/07(日) 京都府庁旧本館「真依子コンサート」<br />
・4/21(日) 奈良県宇陀市「千年桜コンサート」<br />
・5/19(日) 上賀茂神社「二葉葵展コンサート」</p>
<p>■ 真依子プロフィール<br />
kotoを奏でるシンガーソングライター。滋賀県出身。<br />
自然の中で育んだ慈愛に満ちた視点から生みだされる作品は、日本の伝統楽器「箏」<br />
を表現手段として、想像力豊かな感性で詩い描かれている。<br />
2005年にメジャーデビューし、これまでに4枚のアルバムをリリース。<br />
また、四季折々のロケーションにこだわり、お寺、神社、美術館などでコンサート活<br />
動を行っている。現在、京町家のアトリエにて創作活動中。

昨日、古筝の演奏会に行ってきました。昨年、日中国交正常化40周年イベント(清水寺)でお会いした戴茜さんが主催している教室の発表会です。

素敵な音色は中国の悠久の歴史を感じるものでした・・・・・

古筝と琴の違いを知らなかったので・・・・・
改めて・・・・

【古筝は、中国の民族楽器の1つです。
古筝は、約2200年前に作られ、奈良時代に日本に伝わってきて、それが日本のお琴の原型になったと言われています。

日本の琴は13本の弦があり、象牙で作られた爪を付けて演奏しますが、中国古筝は21本の弦があります。爪は、昔は直接に指で弦を弾くように弾いていましたが、現在では、両手の小指以外の指にべっ甲で作られた爪をテープで指に巻いて弾きます。
弦もスチールのままでしたが、現在ではスチールの上にナイロンを巻いたものとなっています。
日本では古筝の認知度が低いのですが、中国でも、特に若い人は興味が薄れてきており、演奏者が減ってきています。
(戴茜さんHPより)】

http://daiqian.info/music/

就職も決まり、2月下旬に「インド・ネパール17日間放浪の旅」に出ました。

なんで、インド?って感じでしたが、今考えても理由が思い浮かばない。

ただ、事実として、「初めての海外旅行」「一人旅」「行きと帰りだけが決まっている旅」ということ・・・・・無謀ですよね、どう考えても。

 

とにかく、ええままよ、とばかりに、伊丹空港から、タイ・バンコクでトランジットで1泊。その後、当時のカルカッタへ・・・・・

タイ・バンコクでは10分で行けるホテルに1時間もタクシーに連れ回されたり、変な所に誘われたり・・・初海外の洗礼を受けながら、なんとかインド・カルカッタへ。

カルカッタは、2001年には正式にコルカタと正式名称になったようですが・・・

 

とにかく、空港から出た瞬間に、臭いと喧噪と、汚濁と・・・・・申し訳ないですが当時の状況を現すとそんな言葉しか出てこない。路上では、「バクシーシ」と施しを受けて当たり前・・・・

とにかく、その日の宿泊を探さな・・・・・「地球の歩き方」を片手に毎日、宿を探してた気がします。

ただ、今考えても、社会に出る前に「インド一人旅」は本当によかったと思います。(続)

 

 

大学生活も終わろうとしている、1987年。この時期は確実に売り手市場でしたね。当時リクルートに会社案内請求ハガキを送ると、とんでもないくらいのパンフレットやガイドブックが自宅に送られてきたものです。

内定者は、まさしく囲われて、海外旅行とか・・・・・・・・

金融・証券などは超人気ジャンルでしたね。

私の友人もリクルートスーツに身をつつんで、会社回りをしていたものです。

私は、教育実習で、教師職にげんなりだったので、・・・・どこかフワフワしてた気がします。

そんな時、何でもお手伝いセンター時代に知り合った会社から、誘っていただきました。イベント業界にやり残したことがあったことと、自分自身の力量を試すには大きな会社よりは小さな会社のほうが、ノウハウ・仕事を覚えるのも早かろうということで、当時3人しか社員さんがいない小さな会社に就職が決まりました。

まぁ、何社かテレビ局や大手の広告代理店も受けましたが、コネのない自分はかすりもしなかったので、逆にその小さな会社での決意は固くなった気がします。

最近、大学生と就活などの話をする機会がありましたが、「どこの会社」に入れるかを気にしているヒトが多いですね。本当は「何をしたいのか」が重要なのに、・・・ましてや、昨今の状況を鑑みてみると、10年後20年後その「大きな会社」すら、なくなってしまう可能性があります。事実黄金期(1987年)に就職した証券会社はことごとく、バブルとともに、無くなってしまいました。

私の基準値は「会社」が無くなっても自分のノウハウで食べていきたい、その為に小さくても仕事を覚えられる会社がいい、と考えてました。

これは、1000人ツアーの大失敗が教訓になっています。やはり基礎知識、基礎からのノウハウがとても大切だということ。

ということで、1987年3月から、社会人として働くことになります。

その前に、卒業旅行ということで、「インド・ネパール17日間一人旅」に出かけます。

その話は、次回に・・・・・・

「若者よ、アジアのウミガメとなれ」(加藤順彦著)を一気に読みました。

既得権益の日本から飛び出して、アジアの無限の可能性にチャレンジせよ・・・・・

いみじくも、昨日ホリエモンこと堀江貴文氏が仮釈放されて、インタビューしてましたね・・・・

かの、ITバブルを演出し、終焉させた主人公と言えるかもしれませんが、どうもしっくりこないのは、その後の様々な同様、いやそれ以上の「事件」にも拘らず、堀江さんのみが、見せしめに感じてしまうのは、私だけでしょうか・・・・

真偽のほどはわかりませんが、

日本ほど、ベンチャーが育ちにくい土壌もひとつの確かな真実であるかもしれません。

四方が海で囲われている我が日本において、今後どこに勝機を見いだすべきか、を考える。

本書は少し、そんな思いにヒントをくれる1冊で、

私も、2年前にベトナムに2回ほど行きましたが、そのエネルギッシュなパワーに驚いたものです。

本書の中にも少し書いてありますが、

ホーチミンの道路はバイクが埋め尽くすほど走っています。「どこ行くね?」って感じで・・・・・・・

その答えが、「朝だから、嬉しくて走っている!」

行くあてなどなく、ただただ、嬉しくて走っている!!平均年齢が20代のベトナムには無限の魅力を感じたのも確かです。

 

私も、少しアジアで考えたい、、、、、、