人は、必要な時に必要な人と出会う。そう、言われているが、私の人生は、本当にそんなことの連続である。意識など全くしていない、けれども結果的にそんな人生の繰り返しで、50数年生きている。
 私の人生でもキーマンになる人が何人もいるけれど、出会いを強烈に覚えている人は少ない。いつの日か、親しくなり付き合っている、そんな出会いが多い中、この男との出会いは忘れ得ないものだ。
 会社を立ち上げて4年、しかし、業績はままならず、当時の創業者はこの会社を倒もうとしていた、私は、「自分の分身であるこの会社を簡単に閉めるわけにはいかない」そんな経緯で会社の代表となり、悪戦苦闘していた時期に、出会った人の一人だ。
 はっきり言って、出会いは最悪。相手が困り果てている仕事を誰も受けないから、私にその受け皿が回ってきた感じ。
普通であれば、絶対受けないリスクのあるタイミングの仕事。
しかし、そんな状況でも受けざる得ない弊社の状況・・・・
まさしく、需要と供給バランスの一致ということだ。
とにかく、時間がない、予算がない、そんな状況下で、必死にやり遂げた仕事、おかげさまで、お互いになんとか評価もいただき、面目躍如となってからは、彼とは蜜月の月日が続いたものだ。
しかし、今考えると、一緒にいてた時期はおそらく2年程度だった気がする。
そんな戦友との付き合いも、ある意味、平時になると脆いもので、だんだん疎遠になっていき、彼は、東京へ、、、、、、
少しの寂しさと、安堵感の中で、月日は流れていく。
人の付き合いとは、案外そんなものかもしれない。
先日、彼が亡くなった。
随分、会っていない。
なのに、思い出させるのは、あの最悪の出会い。なんやこいつは、って思った出会いの瞬間が、昨日のことのように映像として浮かび上がる。
彼との出会いがなければ、今の私は、無い。
弊社もどうなっていたか、わからない。
私の人生の曲がり角に、突如現れ、私を引きずり回し、導いてくれた、忘れ得ない男。
私と一つしか違わない、若過ぎる死、、、
私は、彼との出会いを、今は感謝しつつ、
この男の残した他人の人生を劇的に変えるパワーは彼の天命だったのかもしれない、そういう想いにさせられるくらい突っ走ってた、
忘れ得ぬ、大切な友・・・・
http://www.news-inc.com
   日進月歩、歳を重ねるにつれ進歩する技術にあたふたしながら、若い者について行こうと頑張っている。
ソーシャルネットワークについても、単に言葉・文章を投稿するだけではなく、映像のアーカイブや映像配信など、個人で放送局を持っているようなもので、それをどのように活用するかが、これからの知恵の出しどころなんだろう。
まぁ、若いから知識があるわけでもなく、また、歳をとっているから、できないわけでもない、いかに、興味を持ってそれらを学ぶ姿勢があるか、が重要。
広告やイベントの仕事をやっている中で、時折理不尽なことに遭遇する、まぁ、どんな仕事にも理不尽なことが起こるので、我々の業界だけではないだろうとは思うけれども、改めて、色々考える。
 我々の仕事は、商品を扱うことでもなく、車やテレビを修理して動くようにすることでもなく、種を蒔いて、野菜や果物を収穫するのでもない。
何かと、目に見える作業や商品を作っているようには思われにくい仕事であり、企画書や、台本、マニュアル、報告書など資料になって、やっと、それなりに仕事として捉えられるものかもしれない。
しかしながら、コンペティッションという、競争入札がある中で、アイデアを練り、なんとか、仕事を受注しようとする。
目に見えない、イベントをどのように相手に納得してもらい、説得できるかが勝負。
が、実際はなかなかこちらの意図が伝わらず、敗退し、力不足を痛感することもしばしば、、、、
また、負けたけど、実際の現場でアイデアはこちらのものだったりすると、その理不尽さに憤慨してしまう。
しかし、と考える。結局、今の世の中、インターネットで調べると大概のことはわかるもので、マネされたアイデアは所詮、アイデアに非らず、ということだろう。
いかに、アイデアだけではなく、プラスアルフアを増やすか、それは、信頼性であったり、レスポンスの速さなど、であろうと考える。
レベルの高いところで、そんな次元の仕事をやり続けていかないと、この時代、置いてきぼりになっていくのだろう、、、、
技術の進歩とともに、自分自身の進歩が重要であるということ、に気づく今日この頃・・・・
往(い)ぬる一月、逃(に)げる二月、去(さ)る三月・・・・・
光陰矢のごとし
http://www.news-inc.com

 長浜梅酒祭り、一昨日11日(土)から、始まりました。今年で、3回目になります。

http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=8650

昨年から、会場は長浜鉄道スクエアです。現存する日本最古の鉄道駅舎です。

旧長浜駅舎は、1882(明治15)年に完成。
日本で初めて新橋~横浜間を鉄道が走ってから、たった10年しか経っていないころで、現存する駅舎としては日本最古のものです。
まだ江戸時代の様子を残している当時では、とてもめずらしい洋風建物で、壁の厚さは50cmもあって、窓枠や出入口は当時人気のあった赤レンガを使って建てられています。
まだ「駅」がめずらしい時代だったので、たくさんの人々が陸蒸気(おかじょうき)を「一目見たい」「一度は乗ってみたいと」と長浜にやってきました。
館内では、文明開化でにぎわう当時の様子が見られます。
(長浜鉄道スクエアホームページより)

また、長浜市は滋賀県の北東部(湖北地方)に位置し、中心市街は羽柴秀吉が長浜城の城下町として整備して以来の湖北地方の中心地で、長浜城廃城後は大通寺(長浜御坊)の門前町、北国街道や琵琶湖水運の要衝として発展した。姉川古戦場など戦国時代の史跡が多く、国友は近世に国内有数の鉄砲生産拠点として栄えた。
(出典:ウィキペディア)

いずれにせよ、とても魅力的な街並みです。

そんな長浜で66年間開催されているのが、「盆梅展」です。
梅の盆栽が慶雲館の中に所狭しと展示されています。
梅を愛でる盆梅展の併催行事として、3年前から開催されたのでが、梅酒祭りです。
50数種類の本格梅酒を一同に会し、飲み比べてもらおうという贅沢なイベントです。
日本で唯一の梅酒ソムリエ・金谷優氏厳選の梅酒なので、様々特徴のある梅酒が揃っています。

梅の季節に、梅を愛で、そして梅を味わう。
今週末18日(土)19日(日)も開催されますので、是非、魅力的な長浜散策とともに、梅酒祭りにもお越しください。

http://www.news-inc.com

画像に含まれている可能性があるもの:雪、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

 今日は立春、暦の上では、もう春・・

ですが、実際はまだまだ寒い日々が続いています。

この時期になると、春のプロジェクトで有難い事に忙しくさせていただいています。

2月は弊社のスタート月でもありますので、気の引き締まる想いです。

1995年といえば、阪神大震災が起こって、まだ2週間しか経っていない時期に弊社はスタートしました、業界的に中止や延期のイベントも数多く、不安ばかりが募る毎日でした。その上、3月にはオウム真理教によるサリン事件が起こり、世の中自体が暗澹としていくような雰囲気に包まれた事を思い出します。

会社運営が何たるかも、手探り状態でしたし、この先、どこへ向かえばいいのだろう、そんな先の見えない将来を考えてばかりいた気がします。
とはいえ、サイは投げられたわけで、立ち止まっているわけにはいきません。

とにかく、愚直に自分のできる事、自分の持っているその時の能力を最大限活かすしか方法はありません。
幸い、この業界は、様々なスペシャリストの方々との共同作業です。

案件ごとに、プロジェクトチームを組み作り上げていく。
まず大切なことは、プロジェクトチームのキャスティングです。
アイデアを絞り出す為に、デザイナーやプランナーはもとより、音響照明などのテクニカルスタッフ、美術プランナー、映像ディレクターなどを誰にするか、プロデューサーの腕の見せ所です。
限られた時間と予算の中で、最大限の効果を上げるプロジェクトチームを組織します。

そのように考えると、本当に、私は人に恵まれていると思います。
その時々に必要な人たちと出会います。

あれから、22年、この2月から23期目が始まります。実に沢山の出会いが今の弊社を作り上げていることを感じます。
「企業は社会の公器である」と言ったのは、あの松下幸之助さんでしたでしょうか・・・

どこまで皆さんに役立っているかどうか、わかりませんが、必要とされるうちは、必死により鮮度の高いものを創造し続けたい、と考えます。

今いただいている仕事も、縁の賜物、しっかり素敵な仕事としてやり遂げたいと思います。

春の足音が、そこまで聞こえてきてるような気がします。
今までのように、逃げずに真っ直ぐ、王道を歩いていきたいと思います。

これからも、株式会社ニューズをよろしくお願い致します。

http://www.news-inc.com

自動代替テキストはありません。

今年もやります!!!!!!
出演者も徐々に決まってきています。
「若者の夢」を一緒に応援していただける、サポーター企業さんも募集中です。
昨年、一昨年の、模様をご覧ください!!!!

2月11日(土)12日(日)18日(土)19日(日)の4日間開催。
長浜鉄道スクエア2階 10:00〜16:00

http://www.nagahama-umeshu.com

 年初めになると、何かと新鮮に考えることができます。
今年の目標とか、去年できなかったことへの反省とか・・・・
新たな誓いを期するタイミングですね。
とは言え、考えているだけ、机の上での空論では意味がありません。
とにかく、まず最初の第一歩を踏み出すことが必要です。
この季節になると思い出します。
私のマーケティングの大師匠でもある、友近先生のことです。残念ながら、2014年8月にお亡くなりになりましたが、私よりも、3回り先輩です。キティちゃんで有名なサンリオの創業者のお一人です。
東京多摩にお住まいでしたが、月に一度の割合で、京都に来られていました。
その度に、「中野ちゃん、蕎麦でも行こか」と誘っていただき、ずっとお話をされます。
先生がいつも口にされていたことは、
聞いたことは、したことにならない。
見たことは、したことにならない。
云ったことは、したことにならない。
ただ、したことだけが、したことである。
何度も何度も、そうおっしゃっていました。
そして、「ただ、したことだけが、したことになる。」がどれだけ、勇気やパワー、根性が要るかを実感するのです。
言うは易し、行うは難し、です。
こんなこともおっしゃってました。
「まずは、行動や」
やってみる。スモール Do・・・・
仕事の進め方、マーケティング用語で、、PDCAという考え方があります。
P・・・PLAN、計画を立てる。
D・・・Do、実行する。
C・・・Check、評価する。
A・・・Action、改善する。
しかし、先生は、Small Do、C、P、Big Doが正しいんや・・・と。
まず、やってみろ!
先生は、常に、行動を基本にされていました。頭で考えるだけじゃいかん、ということです。
今年は、まず、やってみる・行動するを意識したいものです。
http://www.news-inc.com
 2017年酉年、今日が仕事始めという方々も多いのではないでしょうか・・・・
果たして、今年はどんな年になるのでしょうか・・・
『一年の計は、元旦に有り』と言いますね。
物事を始めるにあたっては、最初が肝心ということでしょうか・・
新しい年になり、それぞれ “今年はこうするぞ!” なんて、誓いをたてますが、なかなか実際はそうできないものですね。
 私も久々に、自宅でゆっくり寛ぎました。紅白歌合戦も賛否両論、意見がわかれていますが、業界人としては、やはり生放送におけるあの舞台転換などは、テレビ越しでも見る価値あり、ですね。是非、アナザーストーリーで舞台裏ドキュメントみたいなものを見たいものです。華やかな舞台の裏で、何十人というスタッフが動いてるさまは、想像しただけで、悶絶してしまいそうです。内容の好悪は別として、日本の年末の風物詩として、続けていただきたいものです。
 また、昨年年末ごろに話題になったのが、「餅つき」をする方々が減っている、というニュース。これもまた、どうなんでしょうか・・・確かに、最近では、搗いた餅よりも、買ったほうが簡単で、結果としては安いということもありますが、近所やグループ総出で、みんなで一緒にやる餅つきもいいものだと思います。餅つき中止の原因がノロウイルスなどの感染予防だと聞くと、ちょっと違和感を感じるのは私だけでしょうか・・・
予防というと、それはまた大事なことだけれども、杓子定規に、横並びで、中止なんてのは、如何なものなんでしょう・・・
最近は、SNSなどの普及で様々な意見が簡単に拡散されていくので、どれだけの人々がそう思っているのかどうか、わかりづらいけれども、極端な意見が大きく扱われることに、やはりなんか解せない気がします。
「搗いた餅より、心持ち」という言葉があります。
餅をもらうのは、嬉しいけれども、それにも増して、自分のことを気にかけてくれるその心が嬉しい。
「心づかい」がありがたいことの例えですね。
2017年、新しい年のスタートです。
ちょっとそんなことを気にかけたい仕事始めの日。
http://www.news-inc.com

新たな年、2017年酉年です。
大きく翼を広げて、羽ばたきたいものです。

2016年も、様々な自然災害が起こり、不安定な時代です。
だからこそ、日々志を持って、過ごしたいものです。

昨年は、新しいことにもチャレンジし、
自分自身のミッションをどの様に具現化していくかが、少し見えてきた気がします。
今年は、それを実行していく、覚悟と決意です。

見たことは、したことにならない。
聞いたことは、したことにならない。
云ったことは、したことにはならない。
ただ、したことだけが、したことである。
友近忠至

サンリオの創業者のお一人、友近先生の言葉です。

生前、京都のお蕎麦屋さんで、この言葉を教えてくれました。

何度も何度も、教えて頂いたのに、「していない」自分がいる。

今年は、心したいものです。

2017年(平成29年)1月吉日
株式会社ニューズ 代表取締役 中野幸次

自動代替テキストはありません。

今年もあとわずかになりました。

気づいたら、年末と言う感じでしょうか・・・

ニューズとして、22期目で、2月からは23期目をスタートします。
毎年、1年1年が会社にとっては、区切りであり、1月には、成績表が確定します。
陰陽五行説では、来年からは経済台頭期に入ります。
であるならば、2017年から10年は好景気になるはず、期待したいものです。

しかし、改めて、その景気の波に乗るためには、顧客ニーズにマッチするかどうかが重要。

ノウハウであり、スピード感であり、交渉力、創造力、組織力、ディレクション力、レスポンスの速さや、安心感、、、、様々な要素が必要です。
当然、価格力も問われます。

多様な価値観に対応する力

2016年も色々ありました。
決して順風満帆ではありません。
笑顔ばかりでは、やってられないことも沢山ありました。
そんな中、様々な方々との出会いによって、物事が進んでいった様な気がします。
「この人は私の人生を変える人かもしれない」と思いながら出会いを楽しんでいます。
もしかしたら「この人」の向こうにいる「人」が変えるかもしれない。
出会いの連鎖が人生を彩っているのではないか、と考えます。

今年出会った人たちに、感謝。そして、来年出会うであろう人たちに期待を込めて・・・・
2016年、仕事納めです。

みなさま、2016年度大変お世話になり、ありがとうございました。

2017年も引き続きよろしくお願いいたします。

2016年12月29日
株式会社ニューズ中野

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
 月日が経つのは早いもので、もう12月です。
2016年も後1ケ月です。
 今年はどんな年だったろう、と振り返るのも、この時期の習性ですね。
「師走」の言われは、様々な説がありますが、あっという間に、時間が過ぎるのは確かです。他の月よりも早く時間が流れるように感じます。
今年も、様々な出会いがありました。おそらく、想定していない人や、仕事や様々な事に出会った気がします。
思いもよらないことが起こります。
そう思うと、人生はなかなか、スリリングなものです。
 昨日まで、3日間「マーケティング講座」の講師として、自分の33年間の体験を基本に、ビジネスをどのように、軌道に乗せるかをお話しさせていただきました。
今までは、どちらかというと、インプットばかりだったので、アウトプットすることで、他者の方々に伝わるだろうか・・・・などと考えつつ、資料作りから、実際の講座まで、試行錯誤です。
仕事柄、毎回、プレゼンテーションを行い、こちらの思いを伝えることはしていましたが、3日間20時間という、長丁場をどう乗り切るか、は結構パワーがいることでした。
しかしながら、業種は違えども、いかに事業を今よりもうまくやっていくか、またより多くの方々に自分たちの商材を知っていただくか、取引先を増やすにはどうすれば、いいか・・・
模索している方々に、少しでもヒントになればという思いでした。
私がこの業界に入って33年、当然時代とともに、状況は変化し続けています。携帯電話のない時代から、今やスマホへ。
パソコンが一般的でない時代から、パソコンのみならず、インターネットが当たり前の時代。
常に変化する世の中に我々事業家も変化せざる得ない。
老舗企業(100年以上続いている企業)が世界で、一番多いのが日本です。
それは、常に時代の少し先を見つめながら、変化し続けたということです。
資源のない、極東の日出づる国で、どのように、マーケットを開拓し、進化し続けるか、時代を見るとともに、過去の事例を研究することも、大切です。
温故知新、過去の成功事例に引きづられるのは良くないですが、
過去から学ぶべきことは沢山あります。
人生一生、自己紹介、
人生一生プレゼンテーション。
人生一生、学ぶべし!
http://www.news-inc.com

 11月5日が「世界津波の日」に制定されて初めての大規模津波防災総合訓練」が高知県の高知新港を会場にして実施されました。

2004年のスマトラ沖地震の津波災害をきっかけに、平成17年より全国で毎年開催されています。
地震による大規模津波の被害軽減を目指すとともに、津波に対する知識の普及・啓発を図ることを目的とし、多くの防災機関や住民が参加し、広域的、実践的な訓練を実施します。

弊社も、3年前から、この訓練の裏方スタッフとしてお手伝いさせていただいています。

平成26年は和歌山、平成27年は、新潟で開催され、今年は高知県です。
その土地によって想定される被害なども違いますし、特に、太平洋側は、南海トラフ地震が起こるのではないか、と言われています。

大阪にいても、その大規模な地震による、津波。そして街の浸水などを考えると、本当に、いつ起こってもおかしくないですし、その備えを怠ってはいけないと考えます。
様々な避難のための備品もそうですが、自分のいてる場所で起こったときの、イメージはとても大切です。
車に乗っている時なのか、地下街にいてる時なのか、高層ビルの中なのか、などなど。

ふとした瞬間に「その想定しない状況」を想定してみることは大事です。

いざという時の、パニックしてしまう可能性を意識しながら、パニックせずに冷静でいられるか・・・

日本は災害列島とも言われます。地震だけではなく、火山や豪雨など自然の脅威を常に意識しながら暮らしています。
自然の恩恵を沢山受けながらも、その厳しさに向き合わなければならない時もあります。
災害を0にすることはできませんが、より、災害被害を軽減する努力はできます。

心構えが非常に重要です。想定される様々な災害に対して、自分なんりにできることを日頃から意識したいものです。

https://www.kochinews.co.jp/article/60294/

http://www.news-inc.com

開通前の大きな橋を歩いて渡ったのは何年前だろう。 淡路島と徳島県を結ぶ、大鳴門橋が、1985年6月に開通するにあたり、歩こう会なるイベントが開催され、そのスタッフとして参加。 その3年後には、瀬戸大橋が開通。本州と四国が地続きになり、岡山・香川では大々的に博覧会が開催されました。 1998年には、明石海峡大橋が、1999年には、しまなみ海道が開通。  そんな身近になった四国を盛り上げる為に、「しあわせランド四国」ということで、キャンペーンの仕事をやったことを思い出します。 インフラ整備とイベント開催は昔から、切っても切れないもので、それによって飛躍した業界や会社はたくさんあります。機を見るに敏なんでしょう。 最近、話題満載のオリンピックは、その最たるものです。 真相がどこまで明らかになるかわかりませんが、暗躍している輩がいることは、確かでしょう。 インフラ整備は、公共事業で、経済的な波及効果があることは確かですが、本当に地元に反映されているのか、、、、、そこは少し難しい問題です。 防災・減災の観点からも、治水整備など、必要なことですが、利権ファーストにしてはいけませんね、、、   とまれ、 橋ができたおかげで四国内の道路網も整備され、随分便利になってます。  うどん県にも、気軽に行けます。 本場の讃岐うどんや、骨付き鳥を気軽に、味わいに行けるのは、とても嬉しく、良いことですね。 折角、地続きなのでもっと、気軽に、しあわせランド四国を満喫したいものです。

すっかり、夏も終わりに近づき、気づけば秋。

温暖化の影響か、まもなく、10月というのに、まだ昼間は暑いですが、空は秋空ですね。

 私の事務所のある堺筋本町・船場は大阪の中心部にあるオフィス街です。その昔は繊維卸の街として興盛を極めていましたが、今やその面影は、あまり感じられません。

タワーマンションの建設や、古くなったビルが次々と壊され更地になり、コンビニやスーパーに建て替えられています。
つい先日できたマンションはなんと「ゲストハウス」の表示がされています。
今はやりの民泊専用マンションでしょうか・・・・

栄枯盛衰は世の常ですが、時代とともに、街もその姿を変えながら、人々の日常を見守っているのでしょう。

事務所から、大阪城まで、ジョギングをします。
大型バスから降りてくる海外からの観光客が天守閣に向かいます。休日も平日も関係ありません。
また、道頓堀を歩いていると、大きな買い物袋に一杯のお土産を持った観光客。

昼も、夜も、大勢の観光客が我が物顔で闊歩しています。

大阪における経済効果はどれほどかわかりませんが、それらの人々がいないと、きっと街は寂れていることだと思います。
直接、弊社が潤うことはないですが、確実に言えることは、様々なプロモーションやイベント事においてインバウンドは無視できないという事です。

英語は、もとより中国語、韓国語を始め、ターゲッターに対する様々な配慮が必要になっています。

私は、英語も話せない、もちろん、中国語、韓国語も話せない。
コミュニケーションビジネスとしては、ちょっと情けない気もしますが、ビジネスモデルとして、多言語は外せないキーワードになっていることは確かです。

http://www.news-inc.com

株式会社ニューズさんの写真
株式会社ニューズさんの写真

相変わらず、熊本では余震が続いています。

本当に安心できない状況で、住民のみなさんのストレス・ご心痛、いかばかりかとお察し申し上げます。
また東北・北海道に上陸した台風、様々な被害をもたらしているようです。
本当に災害列島日本と言えます。
ただ、そんな日本に暮らしている限り、その自然の猛威と闘わなくてはいけないのも事実です。
災害をいかに、防ぐか、いかに、減らすか、を考えなくてはいけません。

 いみじくも先日「シン・ゴジラ」を見てきました。
前評判も良く、実際に見た方々の感想も好意的なので、これはやはり見るべしということで、見てきました。
我々世代のゴジラは小学校時代に必ず公開されていた映画で、どちらかというと、エンターテイメント要素の強い、怪獣同士の戦いというイメージでしたが、今回の「シン・ゴジラ」はさにあらずで、危機管理能力が問われる非常に考えさせられる内容でした。

巨大不明生物が現実に東京に上陸するとは思いませんし、単なる想定外の物語と片付けるにはいかない映画です。

実は、巨大不明生物を、豪雨や、竜巻、台風、地震、火山噴火などであると考えると、その巨大不明生物は我々のすぐそばにいてるのかもしれません。

そして、どんな状況で襲いかかってくるか、
「想定外なこと」と簡単に片付けるわけにはいかない。
「想定外自体が想定内である」ことを自覚する必要があるように思います。

自分だけは大丈夫と根拠のない自信に支えられているのも良くない、また過剰すぎる心配も疲れます。
ただ、「想定外」なことが起こるということ自体を自分の中に思い描き、日頃から、防災意識を持っていたいものだと考えます。

今日は防災の日です。
防災・減災意識を考えたい1日です。

http://www.news-inc.com

自動代替テキストはありません。